読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第3の粒子「ヒッグス粒子」

◉未知なる重い粒子=ヒッグス粒子

 

物質を構成する粒子:フェルミオン

力を媒介する粒子:ボゾン←質量0

 

「ヒッグス機構」

→粒子に質量をもたせるための機構。

 もともと質量をもたないとされるボゾンを、①大きな質量をもつ成分

                     ②質量をもたないままの成分

 に分けます。

 ⇔このことで、電弱相互作用が①弱い力

               ②電磁力

  に分かれることが説明できます。

 

このヒッグス機構が成り立つと仮定したときに予言されるのが、

ヒッグス粒子であります。

 

力を媒介するわけでなければ、物質を構成するわけでもない。

未知なる重い粒子」がヒッグス粒子なのです。